2006年06月06日
裏裏ゲーム攻略DISCODE reversetotal 9128 count

露出予告の性質と効率の良いやり方

Written By: オータム連絡先

ご注意: 内容は無保証です!!

露出予告とは何か §

 アイブノートを使って、事前に主人公が露出を行う場所をインターネットに公開します。

 その場所に行って露出を行うと、男達から精液をかけてもらえます。

 ちなみに、予告しない場合は、単に見られた可能性、あるいは見られたという事実に主人公が興奮するだけで終わります。

 やはり、精液を浴びることが主テーマでのゲームですから、積極的に予告を行って精液をかけてもらうべきでしょう。

 ただし、CGやリプレイをコンプリートするには、精液を浴びない露出と、浴びる露出の双方を行う必要があります。

露出予告の手順 §

 itemからアイブノートを開き、「露出予告をする」を選びます。

 体育館、裏庭、市街地、道具屋の4つから場所を選べます。複数の場所に予告をしても構いません。

 1件の予告には15分の時間を要し、実行すると欲情がアップします。

 予告を行ったら、その場所へ行き、露出を行います。

 なお、体育館と裏庭には昼休みが存在する平日にのみ、昼休み時間に行くことができます。そのため、予告してもすぐに行けない可能性があるので、この2カ所に予告する場合は、土曜日曜祝日に注意が必要です。

露出予告はいつから有効か §

 いつでも有効です。

 たとえば、昼休みに入った瞬間から、場所移動→裏庭、item→アイブノート→「露出予告をする」→裏庭、item→制服以外の全ての装備品を外す、という手順を取ると、予告に対応する男子の来訪を受けることができます。

 つまり、その場で予告をして問題ありません。

 一方、予告したあと、何日も予告した露出をしなかった場合ですが、それでも予告は有効のまま残っています。(何日まで残るかは不明)

 そのため、金曜日の夜にうっかり裏庭や体育館の予告を行い、土曜日、日曜日、祝日の月曜日と予告を実行できない場合でも、火曜日に実行して男子の来訪を受けることができます。

露出予告をしているか確認する方法 §

 item→アイブノート→「露出予告をする」として表示された場所の一覧で、グレー表示になっている場所が既に予告されている場所です。

 確認だけなら時間は使いません。必然的にアイブノートの使用料も取られません。

露出予告を行うべきタイミング §

 露出予告は、未来の自分の行動を予告する行為であるため、アクシデントに弱いという特徴があります。たとえば、暇つぶしに声を掛けた男とラブホに行ってしまい、露出する時間が残らなかったであるとか、露出しようと思ったら欲情や体力のパラメータが足りなかったであるとか、その場になってみないと解らないことが多くあります。

 そこで、有効な対策は2つあると思います。

 第1の方法は、露出を行う直前に予告を入れる方法です。自宅外でアイブノートを使うと1時間500円の使用料を取られると書いてありますが、実は1時間に満たない場合はお金を取られません。露出予告は15分で終わるので、積極的に使うべきでしょう。

 第2の方法は、午前9時前に校内の露出を予告する方法です。この方法には2つの価値があります。

 1つは、有効活用しがたい朝の時間(ここの「朝の移動時の特異性」を参照)を使うことで、他の行動に使う時間を温存できること。

 もう1つは、曜日と祝日を確認した上で当日の予告を入れることができるので、「やる気満々に体育館や裏庭に予告を入れたのに祝日だった!」という悲劇を回避できます。また、この方法を使うと、予告から予告の実行までに行う余計な作業がほとんど発生しないため、予告したことを忘れてしまった……という事態を回避できます。

露出予告は1日に何回できるか §

 予告した露出を実行してしまえば、同じ場所への露出予告はすぐに入れられます。この特徴を使えば、1日に何回でも、予告と露出を繰り返すことができます。

 (それにどのような意味があるのかは別として)

露出予告抜きで来てくれるケース §

 予告していないにも関わらず、来てくれるケースがあります。時間帯などが関係していると推定。逆に言えば、予告さえしなければ男の子は来ない……とは言えないわけです。

Facebook

キーワード【 裏裏ゲーム攻略DISCODE reverse
【DISCODE reverse】の次のコンテンツ
2006年
06月
06日
露出のやり方と、実行できる露出のバリエーション
3days 0 count
total 17870 count
【DISCODE reverse】の前のコンテンツ
2006年
06月
06日
主要地点間の移動時間のまとめ
3days 0 count
total 3591 count

このコンテンツを書いたオータムへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、オータムに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にオータムへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にオータムよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://ura.autumn.org/tb.aspx/20060606162610
サイトの表紙【DISCODE reverse】の表紙【DISCODE reverse】のコンテンツ全リスト 【DISCODE reverse】の入手全リスト 【DISCODE reverse】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: オータム連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.