2005年05月02日
裏裏たむたむtotal 4463 count

知識と教養

Written By: オータム連絡先

 単なるメモなので、裏オータムでメモっておきます。

 [日常]どん底からの報告:『山谷崖っぷち日記』からより

1 §

無知と卑屈と傲慢の三位一体を体現した人々とは、腐るほど出会ってきた。知識それ自体にはさほどの意味はないのだろうが、知識を手に入れる過程で身につく教養なるものは、なるほど重要なものなんだなということが、これら三位一体を体現した人々と接触するたびに痛感させられるのだった。

 「知識を手に入れる過程で身につく教養なるもの」は、知識と知識の間にあるもの(知識の過程)と捉えるとコンテキスト(文脈)と関連性があるのだろうか?

 イコールであると捉えるのは間違いであるような気がするけれど、さりとて関係がないとも思えない。

2 §

無知であることが恥と陋劣<ろうれつ>さにつながらないためには、どれほど例外的、超人的な意志力を必要とするかに想いを致せば、私は、無知は恥と陋劣さの母胎だ、と言い切ってしまいたい気持ちにかられる。

 ここ数年インターネット上で、知識があるのに(無知ではないのに)「恥と陋劣<ろうれつ>さ」を体現しているように思える人間を多く見るような気がするが、どう判断すれば良いのか。(もっとも、偏った知識ばかりで、しかも基礎ができていないので、知識を活用することもできていない者ばかりだが)

 やはり、知識そのものにはさほどの意味が無いのだろうか。(そのような気がする)

 では、「無知は恥と陋劣さの母胎だ」という主張は誤りであり、知識があろうと無かろうと、「恥と陋劣さ」は出現しうると考えるべきだろうか?

 もし、そうだとすれば、真の「恥と陋劣さの母胎」とは何か?

 あるいは、この本の著者の時代と現在とでは、「知」に対する何かの条件が異なっているのだろうか?

Facebook

キーワード【 裏裏たむたむ
【裏裏たむたむ】の次のコンテンツ
2005年
05月
15日
サーバにSP
3days 0 count
total 3249 count
【裏裏たむたむ】の前のコンテンツ
2005年
04月
19日
tasklist /svc サービス名と実行ファイル名とプロセスIDの関係を調べる
3days 0 count
total 6009 count

このコンテンツを書いたオータムへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、オータムに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にオータムへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にオータムよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://ura.autumn.org/tb.aspx/20050502165305
サイトの表紙【裏裏たむたむ】の表紙【裏裏たむたむ】のコンテンツ全リスト 【裏裏たむたむ】の入手全リスト 【裏裏たむたむ】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: オータム連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.